ネットショップの注文ボタンを緑色したら成約率が上がる?!ビジネスの本質から考える「うまい話」

世の中には、さまざまなツールやノウハウが無数にあります。ツールやノウハウを使いこなすことは大事です。しかし、考えて欲しいのは「みんなが同じツールやノウハウを利用したらどうなるの?」ということです。

今回は、世にある成功事例やうまい話を聞いたときこそ考えて欲しいビジネスの本質についてお話します。


売れる「魔法の杖」ならぬ「緑色の注文ボタン」?!

インターネットのビジネスでよくあるのが、「注文ボタンを緑色に変えたら成約率が上がった」という類の話です。

本やセミナーでは成功事例のひとつとして紹介しているのだと思いますが、「注文ボタンを緑色に変えたらいいのか!」と思ってしまいがちです。

しかし、ここで一度立ち止まって、「みんながそれをやったらどうなるのか?」と考えましょう。

すべてのネットショップの注文ボタンが緑色になって、すべてのネットショップのコンバージョン率が実際に上がったら素晴らしい話です。デフレ不景気の解決策として、明確でかつ最も簡単な方法となるでしょう。

しかし、そんな現実はありえません。「注文ボタンを緑色に変えるだけで売上が増えてみんながハッピー」なんてことはないのです。

コンサルタントの「絶対にうまくいくメソッド」?!

これも「緑色の注文ボタン」と同じ話で、「全知全能のコンサルタント」があります。有名なコンサルタントの語る「必ずうまくいく○○メソッド」といった類の話です。

当然、「Aさん(コンサルタント)のいうことに従っていれば売上が絶対上がる!」ことはあり得ません。もし絶対の成果が上がるのであれば、日本経済は不景気になるはずがないのです。


「すべてのネットショップをAさんがコンサルタントとして運営に参画すれば、すべてのネットショップの売上はあがるのか?」ということです。

簡単にうまくいくのは「需要 > 供給」の時期だけ

市場のタイミングによっては、人と同じ方法で売上が伸びるという状況はありえます。インターネットの世界でも、「需要 > 供給」の良い時期にビジネスに参入し、たくさんの恩恵を受けた人がいます。SEO対策やリスティング広告など、前述した「緑色の注文ボタン」の如く、「◯◯をやれば」で簡単に成果が上がる時期はたいていの業界に訪れます。

しかし、それは市場のバランスが「需要 > 供給」となっている市場の成長・拡大期だけです。そして、それらはほとんどの場合一瞬なのです。

うまい話はすでに誰かがやっている

99%の人は「◯◯をやれば」で簡単に成果が上がる時期のチャンスを掴まずに終わります。残りの1%も、予想した上で狙ってチャンスを掴めたかというと、ほとんどの場合は偶然にうまくいったというのが真実に近いでしょう。

たった一つの施策が確実にうまくいくのであれば、みんなが同じことをやります。注文ボタンを緑色に変えさえすれば売上が増えるのであれば、ネットショップの注文ボタンはすべて緑色に変わってしまっていることでしょう。

有能なコンサルタントを雇いさえすれば絶対に売上が増えるのであれば、みんなが今日銀行にいってお金を借りにいくことでしょう。絶対に売上が増えるのであれば、銀行も簡単にお金を貸してくれます。

しかし世の中はそうはなりません。なぜなら、ほとんどの場合、既にみんなが実行しているため、差がつかないからです。しそして、みんながやってみんなが成功する時期は、とっくに終わっているからです。

人と違うことをやり続けるのがビジネスの本質

ビジネスで成功するか否かは、以下の4つをやり続けるかどうかです。

  • ・ 人がやりたくないことをやる
  • ・ 人よりも圧倒的に量をこなす
  • ・ 人が我慢できないくらい時間をかける
  • ・ 人よりも断然早く動く
これは、ビジネスの本質論だと思います。

では、「人よりも練り込まれたアイデア」で成功することはありえるのでしょうか。

上記、4つの本質を満たす前提のアイデアであれば成功もありえると思います。しかし、ただ「人よりも練り込まれたアイデア」というだけでは成功は難しいのではと考えます。もちろん、あなたが稀代の天才であれば話は別ですが。

まとめ

やはり最後は、ビジネスの本質を理解して、地味で面倒なことを積み重ねていける人が勝つのではと思います。

見聞きした安易な策を過信せず、地味で面倒なことを、断然早く、圧倒的な量をこなし、あるときは誰よりも我慢することが大切なのです。

資料請求